domohorn-kanyuu

ドモホルンリンクルの電話勧誘を検証!実際のところはどう?

ドモホルンリンクルの電話勧誘について事実を検証しました。良い品質の化粧品だろうな・・・・とは気になっていても、しつこい勧誘攻撃にあったら、筆者のような小心者は怖くなってしまうかも。絶対買わなくてはいけない前提だとしたら恐ろしくて注文出来ません。実際のところ、どうなのでしょうか?

無料とはいえ、あんまりにもしつこい勧誘電話やましてや自宅住所も知られる訳ですから、一昔前の化粧品セールスならいつ自宅に来られてもおかしくないような気もしてしまいます。

勧誘が不必要な人は選択出来るようになっている

結論から入りますが、ご安心ください。
インターネット注文には選択欄がきちんとあり、お試しセット到着後のカウンセリング電話を希望するかとちゃんと注文者本人が選べるようになっています。

「希望する」にチェックをしなければOKです↓

kanyu-kibou

筆者もネット注文で実際に無料お試しセットを注文したことがありますが、その後電話連絡が来たことは実際に一度もありません。

ただ、たまにはがきでのダイレクトメールや、自分で登録した携帯メールアドレスにカウンセリングメールや、お得な商品情報、また美容に関する知識の載った印刷物が届き、こちらは自分の好きな時に目を通して楽しむことも多いです。

また、実際にメールも不必要という方は、ネット注文時にその旨を伝えておけば、メール連絡を控えてくれるようです。

これは電話注文する方も同様です。電話先で担当者の方が、「今後お電話させていただいてよろしいですか?」とちゃんとこちらの意向を聞いて尊重してくれるようになっています。

その時点で必要であれば、お願いし、不必要であれば、こちらから何かあれば連絡したいということを伝えればOKです。

まあ、不要であればインターネット注文にして、上の写真にある「お電話でのアドバイス」のチェックボタンをはずして申し込むのが無難です。


>>ドモホルンリンクルの無料お試しセットはこちら

時代は変わって企業も成長し、変わっていくのですね。押し売りではなく、消費者自体が選べる時代になっているということですね。

お試しセットを使ってみた結果は、こちらをどうぞ。



【結果発表】ドモホルンリンクルを口コミ評価!

勧誘というより、お誘い、あるいはご案内

勧誘ってなんだかとっても、マイナスな言葉ですよね。

筆者は勧めて、誘う。という言葉に変えていくと少し考え方が変わっていくのではないかと思います。良いもの、良い製品があるので、必要とする人に勧める。

購入方法がわからないという方には、購入の仕方をお知らせして誘う。といった考え方にすれば、必要とする人にはこれも必要なのではないかと思います。実際にはネットオーダー出来ずに、電話が来た方がありがたい。という方もいるわけですから。

domohorn-kanyu3

お試しセットが届いた後の勧誘=お試しセットが届いたあとのアフターフォローという風に置き換えれば、必要とする人にはとてもありがたいシステムです。もちろん必要な人には。ということで、世の中にはそういった連絡を不必要とする方も大勢いるということです。

悪い噂は嘘という訳でもなかった

だいぶ昔のお話ですが、勧誘がきつかった時期もあるようです。再春館製薬さんはだいぶ老舗のお化粧品メーカーですね。公式サイトで調べたところ、創業は昭和7年!!

1932年に熊本発信で大きくなった会社のようです。当時は現在のように便利なインターネットもなく、むしろテレビすらないような時代です。そこからのセールスルートは、口コミから始まり、やはり電話営業は必須だったことでしょう。

しかし、今はそういう時代ではなくなり、一昔前まではそれが当たり前にもなっていたであろう電話営業は消費者には敬遠される時代になってきました。
実際に一度お試しセットを注文したらそこから電話営業がひどくて嫌だった。という意見もちらほらネット上で拝見しました。実際にトラブルに発展した事もあるようです。

そして現在は・・・・というと、再春館製薬さんが消費者サイドに謝罪をし、営業スタイルをチェンジしたようです。不必要な電話営業は控え、必要とされるときにカウンセリングを行うという販売、売り上げを中心に考えられていた営業スタイルから消費者によりそうスタイルに変わって行ったということです。

消費者自身も成長している時代

企業も成長が著しく、世間には様々な企業が様々な商品を研究・開発し世の中に排出していっています。再春館製薬さんのドモホルンリンクルのようなアンチエイジングケア商品だけでも星の数ほどあり、ものであふれるほどです。

unnamed-file

商品・製品自体の品質も一昔前のものでは考えられない位の進化を遂げている中、やはり消費者のほうも目が肥えてきて、自分に合うものを選べるようになってきているのです。

ネット社会になり何かきになる商品があれば簡単に企業のサイトに飛び、お店まで出向く事をしなくたって手軽に購入まで出来るようになりました。

だからこそ消費者サイドも、きちんと事前に、どんな商品で値段はいくらするのか、情報をリサーチしておくことで不安になることなくお試しセット請求にしても、商品購入にしても出来るようになるのではないかと思います。

そして購入前にちゃんと自分に合うものなのかを確かめる事で嫌な思いをせずに、お買い物できるのだと思います。

無駄なく賢くこういったシステムを利用していくことは、消費者側にも、それを気に入って購入し、使用してもらい続ける事で利益をあげられる企業側にもいいメリットになると思います。

いかがでしたでしょうか?

実際にどう感じるかは注文者次第かもしれませんが、少しでも気になっている方はまずは自分自身で試して見るのが一番いいと思います。

必見!ドモホルンリンクルの効果、お試しセット請求や勧誘についてのまとめ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


運営者情報